蘇洞門めぐり遊覧船 Sotomo Cruising

団体様のご予約はこちら

蘇洞門めぐりについて Sotomo Cruising

「蘇洞門(そとも)めぐり」遊覧船は、日本海の荒波がつくりあげたダイナミックな景観をご覧いただく、約50分のクルージングです。
当館前から始まるこの旅は、長さ6キロの断崖美と奇岩・洞門が織りなす歴史ロマンを満喫する旅。
押し寄せる波がつくりあげた海の芸術とともに、クルージングの醍醐味をたっぷりとお楽しみ下さい。

蘇洞門(そとも)めぐり周遊コース

蘇洞門めぐり周遊マップ
  1. 鎌の腰
  2. 唐船島
  3. あみかけ岩
  4. 夫婦亀岩
  5. 白糸の滝
  6. 大門・小門

1.鎌の腰

写真 鎌の腰

根元より頭の部分が大きく、イースター島のモアイ巨石の様な形をし、農作業で使う鎌の柄の部分にそっくりなところからそう呼ばれています。

2.唐船島

写真 唐船島

昔、南蛮人を乗せた「唐船」をこの島につないだところからこの名前が付いたといわれています。

3.あみかけ岩

写真 あみかけ岩

岩に網目のように亀裂が入り、まるで網を掛けたように見えるところからそう呼ばれています。


4.夫婦亀岩

写真 夫婦亀岩

同じような大きさの亀が2匹おぶさっているように見えるところからこの名前が付いています。

5.白糸の滝

写真 白糸の滝

年中水量が変わらない、非常に美しい滝です。最近まで上流で「わさび」が栽培されていました。

6.大門・小門

写真 大門・小門

右を「大門」左を「小門」と呼び、「小門」の高さは大人の背丈の3倍以上あります。近くには「吹雪の滝」が流れ落ちています。


船舶の紹介

第2わかさ

写真 第2わかさ

総トン数
50トン
最高速力
約18ノット
座席数
120席(定員168名)

トイレ、冷暖房付

のちせ

写真 のちせ

総トン数
19トン
最高速力
約24ノット
座席数
40席(定員92名)

トイレ、冷暖房付

わかさ

写真 わかさ

総トン数
19トン
最高速力
約22ノット
座席数
45席(定員51名)

トイレ、冷暖房付

※福井県大飯郡おおい町「うみんぴあ大飯」から出航しております。
詳しくは青戸クルージングリンク


料金表

人数 大人
(中学生以上)
小人
(小学生)
1~9名 ¥2,000 ¥1,000
10~19名 ¥1,800 ¥900
20~49名 ¥1,700 ¥850
50~99名 ¥1,600 ¥800
100名以上 ¥1,500 ¥750

クレジットカード決済可能

利用可能ブランド
  • JCB
  • VISA
  • AmericanExpress
  • MasterCard
  • DinersClub
  • UC
  • MUFGCARD
  • イオンカード
  • 中国銀聯
  • iD
  • QUICPay
  • 楽天Edy
  • WAON
  • nanaco
  • ※ 幼児(未就学児)は無料となります。
  • ※ 団体予約は10名様以上から承ります。
  • ※ 身体障害者手帳第1種、療育手帳A及び精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方は、手帳1冊につき本人様と介添えの方が通常料金の半額となります。割引を適用される際は窓口備え付けの乗船運賃割引申込書に必要事項を記入し、手帳を持参の上、乗船券売場窓口にお越しください。なお、上記以外の手帳は割引対象外となります。
  • ※ ペットの同伴につきましては、下記の条件を満たした場合に限り乗船することができます。
    • 小型犬であること(目安10kg未満)
    • 全身が入るケージまたはかごに入れていること
      (頭が出るような形態の物はお断りしております)
    • 他のお客様に吠えないこと
      (乗船中、船内でケージを開けたりしないようお願いいたします。)

時刻表

  4月~11月 12月~2月 ※b 3月
1便 09:00
2便 10:00 10:00
3便 11:00 11:00 11:00
4便 12:00 12:00
5便 13:00 13:00 13:00
6便 14:00 14:00
7便 15:00 15:00
8便 16:00※a 16:00
  • ※ 所要時間は約50分間になります。 (出航時刻の10分前から改札いたします。)
  • ※a 11月19日~30日は、日没が早い為16:00時便の運航を自粛いたします。
  • ※b 1月~2月は土、日、祝日のみの運航となります。
  • ※ 冬期期間中(12月~2月)に20名様以上の団体でのご利用をされる場合は予めお電話にてご相談ください
  • ※ 海上状況によってコース変更または欠航となる場合があります。
  • ※ 当日の海上状況につきましては、お電話にてお問い合わせください。

「蘇洞門(そとも)」とは

「蘇洞門」は小浜湾の東側に位置する内外海半島北側の海岸にある海蝕洞で、花崗岩が日本海の波の作用で削られてできたものです。 豪壮な景観は、若狭湾国定公園を代表する景勝地となっており、昭和9年に国の名勝に指定されています。

小浜は中世以降日本海側を代表する港として、数多くの交易船や外国船が入港していました。 その船人も「蘇洞門」の景観を楽しみにしていたことは容易に想像できます。 このため、江戸時代中期の地誌「若狭国志」に、その素晴らしさを紹介され、18世紀後半に描かれた「小浜城下蘇洞門景観図」にもすでに現在案内されている奇門・洞門・滝などが見えており、古くから景勝地とされていたことが分かります。  

「そとも」の呼称は、おそらく昔の居住漁民たちの呼び名であったと思われます。 湾の外側の面という意味で「外面」「背面」と表現していましたが、江戸時代の文人趣味により「蘇洞門」という漢字をあて、現在に至っています。


小浜城下蘇洞門景観図巻

  • 小浜城下蘇洞門景観図巻 左
  • 小浜城下蘇洞門景観図巻 真ん中
  • 小浜城下蘇洞門景観図巻 右

↑画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。(福井県立若狭歴史博物館所蔵)

「紙本着色小浜城下蘇洞門景観図巻」(「蘇洞門景観図」)は、江戸時代中期~後期(18世紀中ごろ~19世紀初頭)の作成と推定される絵巻です。小浜市街の西端に位置する常高寺から、小浜八幡宮、小浜城、西津、甲ヶ崎などを経て、蘇洞門に至る海岸の風景が描かれています。
蘇洞門を描いた後半は特に美しく、遊覧船の絶景スポットとして有名な「大門」「小門」や「白糸の滝」「鎌の腰」も、ほぼ現在と同じ名称で登場します。

一方の絵巻前半には、現在は失われてしまった小浜城の建物や、城下町の街並み、浜辺で漁に携わる人びとの様子なども描き込まれており、当時の小浜全体の景観を知る上で貴重な資料といえます。
また、小浜の町を海側からの視点で描いたものは非常にまれで、絵画資料としても貴重なものです。

安全方針

  • コンプライアンス(法令遵守)及び、安全最優先の徹底
  • 安全確認の励行
  • 「報、連、相」(報告、連絡、相談)の励行

スクロールしてください
ページ上部へ戻る